サーフトリップワールド TEL
TOP ツアー検索 ボードチャージ お見積もり 体験日記 旅行条件 会社案内

サーフィン体験記:バリ編3

サーファーガールズ♪弾丸ツアー バリ島編
 5日間でバリ島、ロンボク島、レンボンガン島と旅しました!
大好きなバリ島がとっても身近になりました。
深夜の羽田を出てたったの7時間のフライト。
目覚めるととこんな南国リゾートが広がっております。

5日間という短い日程で、
1日目 羽田発→バリ島
     バリ島でサーフィン
     バリ島→ロンボク島
2日目 ロンボク島でサーフィン
     ロンボク島→バリ島
3日目 バリ島でサーフィン
4日目 レンボンガン島でサーフィン
5日目 クタでショッピング
     バリ島発→羽田

と弾丸ツアーへ行ってきました♪では、ご紹介します。


 DAY1〜バリ島サヌールへ到着!!〜
バリ島の到着時間は朝の7時半。
この日はロンボク島への乗り継ぎがあるのですが日中は十分時間がるので サヌールの滞在先となるプライベートVILLAのKUBUMOANAへ。
サヌールのメイン通りとなるバイパスから一本中に入るとこんな素敵な空間が広がってます♪
中庭にプールがあり、その周りにはお手入れの行き届いた緑色の芝。お庭が広いのでサーフボードをゆったり置くスペースが十分にあります。

まずはウェルカムドリンクを頂き、一息ついたら夏物の服へ着替えて海へゴー!!
海は直ぐ裏手にサヌールビーチが広がってます。

ポイントはサヌールビーチのグミチクへ。
この日は小さめでしたが肩慣らしにはちょうど良かったです。


 DAY1〜KUBUMOANAでまったり〜
サーフィン終了後、KUBUMOANA隣のお店でご飯を食べてもまだお昼過ぎ。
十分時間があるので、KUBUMOANAでプールに浸かってみたり2階のリビングルームでシエスタ♪
日本ではこんな贅沢時間過ごせません。

お部屋はプール正面にメインヴィラが1室の他に2階にカジュアルルームが2部屋そしてサブルームが1階に1部屋あります。
緑を基調とした落ち着く空間で小物などちょっとしたものもとてもお洒落でした。

KUBUMOANAの凄いところはフリーWIFIがVILLAのどこにいても使えるところ。
とってもさくさく動き、快適でした。

アットホームなVILLAでスタッフの方はとっても気さく。最終日には皆でBBQをし、泣いて別れる程になるそうです。
グループや家族連れで貸し切ってもいいですし、お一人様、友人、カップルのご旅行でもオススメです。


 DAY1〜ロンボク島へ♪〜
バリ島からフライトで30分。夕暮れ時にロンボクへ入りました。
ここはバリ島とは宗教も人種も違う島。
手つかずの自然がまだ残されています。
新しい空港が出来て、ロンボク島の中心部、クタ地区へも30分くらいと便利になりました。


 DAY2〜 ロンボク島グルプックへ〜
滞在先のクタ地区からロンボク島のメインポイントとなるグルプックまでは車で15分ほど。
漁村からポイントまではボートで10分ほど。
簡単にポイントまでアクセス出来ちゃいます。
途中の景色はこんなに綺麗。素敵〜♪


 DAY2〜ロンボク島グルプックでサーフィン〜
まずは1ラウンド目、グルプックのインサイドでサーフィン。
サイズ頭くらいのクリーンでメローな波質でした。
とってもファンサーフ☆

2ラウンド目はカメポイント。正面に見える山がそのままカメの形をしてるから名づけられました。
どちらも初中級者向けのポイントでファンです。

上級者の方はアウトサイドグルプックでサーフィンが楽しめます。
この日も頭半からダブルぐらいのハードな波が割れてました。
食事をとりながらこんな素敵な景色が眺められます。
とっても贅沢でした〜♪


 DAY2〜ロンボク島のサーフガイドさん〜
今回、ロンボク島でお世話になったのが日本人サーフガイドの斉藤健一さん、真由美さんご夫妻。
1ラウンド終了後のお昼にはこんな素敵なお家で休憩をさせて頂きました。またまたシエスタ♪
ランチにはお家のすぐ目の前の売られていた空芯菜を天ぷらにしてお蕎麦を作って下さりました。とても美味しかったです。
とても気さくで優しいご夫妻でした。
夜には居酒屋まゆみというお店を開かれていらっしゃいます。
グルプックで日本食が恋しくなったら、オススメです♪


 DAY2 〜ノボテルロンボク〜
ロンボク島の滞在先はNOVOTEL LOMBOK.
ササック式の伝統と近代的な施設が融合している素敵なリゾートです。
お部屋に入ると茅葺のとってもいい香り♪
フロントもササック式の茅葺屋根が取り入れられてます。
レストランやバーはラグーン側にあり、食事をとりながらこんな素敵な景色が眺められます。
とっても贅沢でした〜♪


 DAY3〜バリ島サヌールでの1日〜
2日目の夕方のフライトでバリ島へ戻り
3日目はサヌールビーチで朝からサーフィン♪
ここでお世話になったバリ島サーフガイドのご紹介をします!
PLESURE SEEKERS BALIのアグース(写真左上)とブーチャン(写真真ん中上)
生粋のサヌールローカルで誰にでもとことん優しく朗らかで、日本人かと思うほど日本語もペラペラ。サーフィンはもちろん上手ですが、魚釣りと歌もプロ級の上手さ。
バリ島のポイントを知り尽くしているので、その日の一番のコンディションのところへ連れて行ってくれます。

1ラウンド終了後は彼らにサヌールで一番おすすめのご飯屋さんへ連れて行ってもらいました。
豚の丸焼きが出てくるバビグリン。香ばしい味付けでやみつきになりそうなお味でした。
次はお洒落カフェJCO。こちらのヨーグルトアイスは絶品。ドーナツも柔らかくて軽くて何個でもいけちゃう美味しさでした。
2ラウンド目はサヌールリーフ。
セットで胸、肩ぐらい。パキーンと張ったいい波がマシンブレイクのようにやってきていい緊張感の中でサーフィン出来ました。

さすがに3日目になると肩がバキバキで、疲労がピークに達したところでアフターサーフに街スパへ。CHIC(写真左下)
こちらは美容院を兼ねていてクルームバスがメインのようですが私はバリニーズマッサージ。2名の方に全身くまなくマッサージをしてもらい疲れが吹っ飛びました。

あり、食事をとりながらこんな素敵な景色が眺められます。


 DAY4 〜レンボンガン島1DAYTRIP〜
4日目は念願のレンボンガン島日帰りトリップへ行きました。
レンボンガン島へはパブリックボートかチャーターボートでスピードボートなら約30分ほどでサヌール港からアクセス出来ます。
サヌールを少し離れただけで海の色がコバルトブルーに♪
この写真を見てください。
ポイントは3箇所、一番ファンなプレイグランド、エキスパートスポットのレサレーション、メインポイントのシップレック。
私たちはシップレックを選びました。
船から飛び降りパドルアウトしてポイントへ向かうと、何か様子がおかしい。
天候が急変したのです。雲行きが怪しくなり、風がビュービュー。
パドルしても強い流れピークに持っていかれ、ボートから戻れのサインが出た瞬間特大セットに飲まれました。。


 DAY4 〜レンボンガン島へ上陸〜
レンボガン島の洗礼を受けた後は島へと上陸しました。
利用したのはWAREWARESURFBUNGALOW.
こちらは小高い丘に切立っていて可愛らしいバンガロータイプの宿泊施設とレストランとプールがあり素晴らしいレンボンガンの海が一望出来ます。
ランチを済ませた後はゆーっくり流れる時間の中でまったり海を見ながら過ごしました。
こちらの施設は日帰りではもったいないぐらい。ゆっくり1泊2日で利用するのもオススメです。


 DAY4 〜ラマヤナリゾートステイ〜
夜はクタに滞在。
利用したホテルはラマヤナリゾート。
クタのショッピングスポットであるクタスクエアから徒歩1分のという立地抜群の静かなリゾートホテルです。
敷地は広く緑豊かでプールが二つあり、ビルディングタイプとコテージタイプの建物があります。
お部屋はツイン利用で十分な広さがあり快適でした。
朝食のビュッフェも種類が豊富でどれも美味しく朝からお腹いっぱいになりました。
近くで買い物も沢山したいし、敷地内でのんびりもしたいどちらの希望も叶えるリゾートです。


 DAY5 〜最終日の過ごし方〜
いよいよ最終日となってしまいました。
羽田便は15時、ホテルチェックアウトは12時なのでフリータイムは午前中のみ。
クタの街を歩きまくりました!
お目当てのクタビーチウォークへ。
場所はパンタイクタ通りのハリスリゾートの隣り向かいはクタビーチ。
バリ島とは思えないほどの近代的な建物で約200店舗のレストランやカフェ、ブティックが入っているショッピングセンターでした。やはり半日では周りきれない。。

たっぷり遊んだ5日間。
やりたい事を全て詰め込んだような旅でした。
今度はまたゆっくり大好きなバリ島へ帰ってきたいです♪♪♪



こ〜んな素敵な旅をしてみたい方はこちらをクリック!
↓    ↓    ↓
バリ島 サーフトリップツアー

サーフィン体験記 / サーフィン旅行の専門店 サーフ・トリップ・ワールド

Copyright© 2004-2020, STWORLD, Inc. All Rights Reserved.

○営業時間:10:30-19:30 ○定休日:第1・第3木曜日、年末年始
○当社とのメールでのお問い合わせのやり取りに関する内容、旅行契約に関する内容は印刷またはファイルに保存の上、
 ご旅行終了まで大切に保管してください。
 観光庁長官登録旅行業第一種1022号  日本旅行業協会(JATA)正会員  旅行業公正取引協議会会員
 エス・ティー・ワールド 渋谷駅前店 スポーツデスク  電話番号 03-6415-8633  e-mail
 tourdesk@surf-trip.com
海外旅行 エス・ティー・ワールド 海外ダイビング ダイビングナビゲーション 三浦 海の学校 海外サーフィン サーフトリップワールド 海外ウエディング ムーンシェル プライバシーマーク